講演1・ワークの様子