労働組合を作ろう

連合兵庫が応援します

tsukurou労働組合をつくろう!

連合兵庫は、会社などに雇用されて働いている人々にふりかかる様々な問題(解雇・労働条件切り下げ・賃金不払い・有給休暇・セクハラなど)の相談にのって、企業の一方的な都合で労働者の権利・利益が損なわれることを防いでいます

会社の処遇に?と感じたら相談ダイヤル

あなたも会社の処遇に疑問を感じたら、どうぞ気軽に相談ダイヤルに掛けてください。

 とはいえ、労働者の権利・利益を、ほんとうに守り、高めるためには、一人ひとりに降りかかってくる問題に対し、個別に対処しているだけでは真の解決にはなりません。会社VS労働者個人の図式では、労働者にとって不利益な措置は何度でも繰り返しておこなわれます。
 それに、会社や上司に対して、一人ぼっちで交渉するのは勇気がいるし。

ほんとうの解決は労働組合で

 そこで、連合兵庫ではそうした人々に対し「労働組合をつくろう」と勧めています。仲間をあつめて組合をつくり、多数の意思をバックに交渉するのです。これだと会社も無視したり報復したりできません。
 また、すでに会社に労働組合がある場合でも、どこの産業別労働組合にも属していない、孤立した企業内労働組合である場合は、給料やボーナス、有給休暇や福利厚生などの他企業の情報に暗くなったり、あるいは雇用しているほうの強みで会社優位の状況に陥ってしまう場合も考えられます。
 連合兵庫では、組合づくりを勧めると共に、すでに組合があるところには連合への加入を勧めています。しっかりした上部組織に加入していれば、会社の横暴は防止することができます。

taiwa1人でも連合に加入できます

さらに、連合兵庫では、いますぐ組合を結成することが難しい人に向けて、1人でも連合に加入できる『個人加盟』の方法も用意しています。

 組合結成・加入は働く者の権利です
 なお、従業員がこうした組合結成や個人加入をしたことを理由に、当人に対して会社が不利益な扱いをすることは、法律によって固く禁じられています。ですから、そうした事実(不利益取り扱い)があった場合は、労働基準局をはじめ監督官庁を通じて、会社に対し厳重な指導がなされるようになっています。
 また、わたしたち連合兵庫としても、ベテランの担当者があなたの味方になって指導・支援するとともに、先輩組合の仲間の応援体制もしっかりしていますので、いちど相談ダイヤルに掛けてこられたらいかがですか。

page2_keishiki