• 活動内容

2018春季生活闘争 政策・制度要求実現総決起集会を開催

すべての労働者の立場にたって働き方を見直そう!

2018春季生活闘争政策・制度要求実現総決起集会を開催

「底上げ・底支え」「格差是正」でクラシノソコアゲ!

◆連合兵庫は3月3日(土)11:00から、神戸市中央区のメリケンパークで、「2018春季生活闘争政策・制度要求実現総決起集会」「デモ行進」を開催し、構成組織・地域協議会から約2500人の組合員が結集しました。集会には、連合兵庫推薦各級議員団らも激励にかけつけ、働く者の立場に立った政策・制度の実現に向けて行動をともにしました。

◆なお、本集会に先立って、同会場では、「連合兵庫交通・運輸部門連絡会集会」ならびに「連合兵庫官公部門連絡会集会」も開催され、それぞれのスローガン・決議を採択、闘争勝利へ向けて意志固めをおこないました。

◆集会は晴天の中、開会・進行を連合兵庫 日下副事務局長が務め、集会議長に連合神戸地協の田中副議長を選出。
  連合兵庫の辻 会長が主催者あいさつを述べたのち、福永事務局長が「春季生活闘争情勢報告」をおこないました。次に、立憲民主党の櫻井衆議院議員が国政報告と激励あいさつを述べたのに続いて、連合兵庫女性委員会の谷口委員長が春闘における男女平等参画課題と女性の権利確立をめざした「3.8国際女性デーアピール」を提案。
  さらに、集会アピールとして、「重点政策実現に向けたアピール(案)」を連合神戸地協 木原議長代行が、「春季生活闘争・政策制度要求実現アピール(案)」を連合兵庫 尾野副会長がそれぞれに提案し、参加者の拍手で採択されました。一方、元町大丸前では「クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーンアピール」として、春季生活闘争・政策制度要求実現の街頭行動も実施。
  あわせて、3月8日が国際女性デーにあたることから、女性の政治的自由と平等確立を掲げた世界的連帯行動として、連合兵庫女性委員会が中心となって、元町商店街と大丸前で、男女平等参画社会の実現に向けたアピール行動もおこないました。街頭では女性委員会の役員たちが、一般の方々に、国際女性デーの趣旨説明や、様々なハラスメントによる相談は連合兵庫までと記載したチラシとグッズを配付して、クラシノソコアゲキャンペーンと連動した取り組みを展開しました。

◆2018春季生活闘争 政策・制度要求実現総決起集会◆

①開会(司会進行) ②議長登壇あいさつ ③主催者あいさつ
日下:連合兵庫副事務局長 田中:連合神戸地協副議長 辻:連合兵庫会長
④春季生活闘争情勢報告 ⑤国政報告・激励あいさつ ⑥国際女性デーアピール
☞アピールはこちら☜
福永:連合兵庫事務局長 櫻井:衆議院議員 谷口:女性委員会委員長
⑦集会アピール1(重点政策)
☞アピールはこちら☜
⑧集会アピール2(春闘)
 ☞アピールはこちら☜
⑨シュプレヒコール
木原:連合神戸地協議長代行 尾野:連合兵庫副会長 石原:青年委員会副委員長
⑩団結ガンバロー

曽我:連合兵庫会長代理

◆決起集会風景◆

 

◆デモ行進1コース(メリケンパーク⇒京町筋⇒三宮神社前)◆

◆デモ行進2コース(メリケンパーク⇒元町商店街⇒元町大丸前)◆

3.8国際女性デーアピール行動

◆「クラシノソコアゲ」「国際女性デー」街頭アピール行動◆

◆街頭アピール行動◆㏌元町大丸前

司会進行:網島:連合兵庫副事務局長
①「クラシノソコアゲ応援団キャンペーン」
 田尻:連合神戸地協議長
②「国際女性デー」
 谷口:女性委員会委員長
③「男女共同参画社会に向けて」
 平木:民進党兵庫県連 神戸市議会議員
④辻:連合兵庫会長

<街頭アピール行動>
女性委員会、青年委員会・各地域協議会
連合兵庫ユニオン、各級議員のみなさま
産別からの協力者を含む 約50名 

◆連合兵庫交通運輸部門連絡会/兵庫県交運労協2018春闘決起集会◆
◆連合兵庫交通運輸部門連絡会/兵庫県交運労協 2018春闘決起集会◆  開会10:00~
<プログラム>
①司会(中山:兵庫県交運労協事務局長)
②主催者挨拶(河合:兵庫県交運労協議長)
③連合兵庫挨拶(熊野:交通運輸部門連絡会委員長)
④来賓挨拶(池田:神戸市会議員)
⑤スローガン採択

<スローガン>
※交通運輸産業に対する規制緩和に反対し、安全・安心の輸送サービスを確立しよう!
※交通運輸産業労働者の賃金底上げをはかろう!
※交通政策基本法を柱に、交通運輸産業のさらなる充実・発展をめざそう!
※地方鉄道と地方バス路線を守ろう!
※過労運転・過積載運行をなくそう!
※自動車運転業務の一般職適用を実現しよう!
※安全破壊の白タク合法化を阻止しよう!
※自家用車のライドシェア導入に反対しよう!

◆2018春季生活闘争勝利!連合兵庫官公部門総決起集会◆

◆2018春季生活闘争勝利!
連合兵庫官公部門総決起集会◆開会10:15~
プログラム

①開会(自治労兵庫県本部)
②主催者代挨拶(大野:官公部門連絡会委員長)
③激励挨拶(辻:連合兵庫会長)
④出席議員紹介
⑤基調提案(兵庫県教職員組合協議会)
⑥決意表明(国公総連近畿地区本部兵庫県協議会)
⑦決議文提案(政労連兵庫地区連絡会)
⑧団結ガンバロー(全水道神戸市水道労組)

集 会 決 議 (案)
いま、日本経済の先行きは、国内・海外の要因が相互に影響しつつも、緩やかな成長が見込まれているが、企業収益が過去最高を記録する一方で、労働分配率は低下を続け、実質賃金も横ばいとなっており、個人消費についても、回復に向けた勢いは見られない。
労使がめざしてきた「経済の自律的成長」「経済好循環の実現」という社会的目標は達成されておらず、働く者のモチベーションを維持・向上させていくためには、「人への投資」が不可欠であり、労働諸条件の改善を図ることが必要になっている。
2018春季生活闘争は、「経済の自律的な成長」「包摂的な社会の構築」「ディーセント・ワークの実現」に向け「底上げ・底支え」「格差是正」と「すべての労働者の立場に立った働き方」を実現し、広がりを持たせるための闘いである。
 我々は2018春季生活闘争に結集するとともに、国民生活の安心と安全を支える基盤である公共サービスが、政治的に軽視されている現状を踏まえ、「公共サービス基本法の理念と措置の具体化」や「公契約条例、公共サービス基本条例の制定」等を課題として、質の高い公共サービスに向けた自律的な労使関係をめざし、組織内外の労働者の勤務条件や労働環境の具体的な改善、地域経済の活性化に積極的に取り組んでいく。以上、決議する。2018年3月3日
質の高い公共サービスの確立 2018春季生活闘争勝利! 連合兵庫官公部門総決起集会