• 活動内容

2019連合「男女平等月間」の取り組み 兵庫労働局雇用環境・均等部への要請

~女性の活躍促進と、だれもが安心していきいきと働ける                  職場環境の整備・改善をめざして~

雇用における男女平等に関する要請行動を実施

◆連合は、職場・家庭・地域における男女平等の機運を高めるため、2004年より6月を「男女平等月間」と位置づけ、様々な取り組みをおこなっています。

◆本年度は、政治への関心喚起や組織拡大と運動の輪を広げることをテーマに、①すべての労働者の働き方を見直し、均等待遇の実現と、仕事と生活を調和できる職場環境の実現②仕事の世界におけるあらゆる暴力とハラスメントの禁止③連合の男女平等参画推進計画の達成に向けた取り組みの前進④男女平等参画社会の実現をめざし、各地方連合会・構成組織が研修会や学習会を通じて、だれもが安心して働き続けることができる職場づくりをめざしています。

◆その取り組みの一環として、女性委員会は、女性のための労働相談ホットラインに続き、西嶋委員長ほか4名が、6月24日(月)に兵庫労働局雇用環境・均等部を訪問し、金井部長へ雇用における男女平等に関する要請をおこないました。

女性委員会 西嶋委員長から雇用環境・均等部 金井部長へ要請書を手渡す
厚生労働省・労働局作成の配布資料

◆要請に対して、金井部長より、各項目ごとに雇用環境・均等部の取り組みをご報告いただいたのち、意見交換会として、女性活躍促進法等の法改正やハラスメント対策および男性の育児休業取得促進などについて情報交換をおこない、認識を共有できました。

◆最後に、今後も雇用環境・均等部と連合兵庫女性委員会は連携を深め、だれもが安心して働き続けることができる職場環境づくりに向けて、企業や労働組合に働きかけていくことを確認しました。