• お知らせ
  • 組織

2021年 新年のごあいさつ

私たちが未来を変える ~安心社会に向けて~

 【連合兵庫会長 福永 明】

新年あけましておめでとうございます。いまだ猛威を振るうコロナ禍において、今年も「命と雇用と生活」を守ることに、組織の総力を結集しましょう。

〇新型コロナウイルス感染症の拡大防止の取り組み
 組合員とご家族をはじめ大切な人の命と健康を守るためにも、兵庫県の「年末年始感染防止緊急呼びかけ」に沿った感染防止対策を徹底しましょう。こうした一人ひとりの心がけが、医療や介護の最前線で働く人たちの負荷を軽減し医療体制の崩壊を防ぐことにもつながります。
 改めて、私たちの「命と健康、生活」を支えて頂いている医療、福祉、小売、物流、ライフライン部門など、エッセンシャルワーカーの皆様に感謝いたします。

〇雇用・生活の確保と経済の自律的成長を取り戻すために
 コロナ禍は、雇用や経済にも深刻な影響を及ぼしています。
とりわけ、パート、有期、派遣、曖昧な雇用、あるいは女性、外国人といった弱い立場の人達への影響が深刻です。コロナ収束が見通せるまで必要な給付施策を継続すること、「給付」「職業訓練」「就職へのマッチング」をセットとしたセーフティーネットの確立に取り組むことが必要です。
 連合の2021春季闘争は、厳しい経済環境下での取り組みが予想されますが、経済の自律的・持続的成長にむけて、労働の対価であり経済や社会基盤を支える財源でもある「賃金」の引き上の流れを継続することが求められています。
 雇用のセーフティーネット確立と働く仲間の賃上げによる安心感を、経済に波及させていくことが重要です。

〇働く者・生活者の立場に立った政治勢力拡大へ大事な政治活動
コロナ禍は、暮らしに直結する政治のあり様への人々の意識を高めました。
「命を守る」「生活を保障する」「雇用を維持・確保する」などといった労働組合の使命を確かなものとするためには、各級選挙において労働者・生活者の立場の勢力を拡大し、民意が適正に反映される議会運営を追求していく事が大切です。それなくして労働者・生活者に明るい未来は展望できません。今年は、第49回衆院選、県知事選、神戸市長選など重要な選挙が予定されており、連合兵庫の組織力を最大発揮できるかが極めて重要です。

〇重要な取り組み課題が山積
 前述した項目以外にも、重要な課題が山積しています。
 集団的労組関係の拡充・強化への「40万連合兵庫へ再挑戦」、1年延長し取り組む「第3次男女平等参画推進計画プラス」、社会連帯を通じた平和・人権、全員参加の「絆基金」の取り組み、「防災・減災緊急災害マニュアル」の策定、再編後の地協運営の検証など、重要な取り組み課題が目白押しです。
 連合兵庫は、構成組織・地域協議会との連携のもと、「私たちが未来を変える ~安心社会に向けて~」をスローガンに、コロナ禍を前提とした新たな運動様式や山積する課題に果敢に挑戦し、「働くことを軸とする安心社会も実現」をめざします。
ともに頑張りましょう。