• 兵庫退職者連合会
  • 活動内容

退職者連合近畿ブロック協議会第25回定期総会を開催

近畿は一つ!

~ 仲間の力を結集し、現・退一致で安心して暮らせる社会の実現をめざしていこう!~

◇退職者連合近畿ブロック協議会第25回定期総会を開催◇

◆退職者連合近畿ブロック協議会は、10月9日(火)13:30から、エル・おおさか南館5階の南ホールで第25回定期総会を開催し、近畿2府4県から、役員・代議員を含め134名が出席しました。兵庫退職者連合からは、高原 澄夫:会長をはじめ、役員および代議員の総勢24名が出席しました。

◆総会は2部形式で開催され、第1部では「相続に関わる法的諸問題・課題等」について、国府 泰道:弁護士から記念講演がありました。国府弁護士からは、昨今、注目されている「終活」の中でも重要な「相続」と「遺言書作成」等について、基礎的な項目を中心に、具体例を挙げながら講演いただきました。

その後、第2部の定期総会では、議長団に、近畿ブロック定期総会がはじまって以来初めて、女性2名が就任しました。
★議長団:左側 =清水  明美 代議員(滋賀退連)、右側=黒瀬  順子 代議員(大阪退連)


◆主催者あいさつ、来賓あいさつに続いて、議事にうつり、2019年度の活動方針の決定とともに、2019年度役員の選出を選出。役員には、兵庫退連より、副代表幹事に高原  澄夫:会長、幹事に中野  一刀:事務局長、網島  雅彦:事務局次長に加え、かねてより課題となっていた女性役員拡大への第1段階として、今期より女性枠幹事2名があらたに選出され、兵庫退連から吉田 順子:副会長が就任しました。

◆あわせて、10月16日(火)に奈良で開催予定の恒例のハイキングについても詳細な提案があり、出席者たちは、近畿ブロック独自の活動として全国からも注目されているハイキングの成功に向けても、連帯を強めていくとしました。

また、総会宣言では、発足して6年目を迎える第2次安倍政権が推し進める経済優先の名のもとの社会保障制度の改悪阻止へ向け、来年の参議院議員選挙の連合推薦候補者の必勝と、課題解決のための退連の組織強化・拡大に、近畿ブロックが一丸となって全力をあげていくことを誓い合いました。

 

【第1部  記念講演】

『相続に関わる法的諸問題・課題等について』

講師:弁護士  国府 泰道(太平洋法律事務所)

 

【第2部  第25回定期総会】

◆総会第2部は、司会・進行の西本 哲夫:副代表幹事(和歌山退連) の開会あいさつ後、冒頭に、前総会からの1年簡に亡くなった会員を偲び、出席者全員で黙祷をさげました。

◆議長団選出、あいさつ     清水  明美 代議員(滋賀退連)    黒瀬  順子 代議員(大阪退連)

◆主催者あいさつ

退職者連合近畿ブロック協議会 代表幹事   林     晃

◆近畿地方を含め全国で度重なっている自然災害の被災地・被災者へのお見舞いとともに、「近畿は一つ!」この合言葉をもとに、近畿二府四県の仲間が連携・結束して諸活動に取り組んできたことに感謝申し上げる。
019年度の活動方針については、近畿ブロック退連として、①年金・介護・医療等の社会保障問題について各自治体への政策・制度要請行動の充実と連携、②恒例のハイキング実施等、近畿独自の取り組みの推進と、近畿ブロック退連・日本退連との情報共有や女性役員拡充などの組織運営強化、③現政権と対峙するために、来年の参議院議員選挙に向けて「現・退一致」のもとに連合推薦候補者全員の必勝に全力をあげること の3点について重点的に取り組んでいく。

 

◆来賓あいさつ

日本退職者連合 事務局長   菅井  義夫

全国の退職者連合、各ブロック退職者連合の先頭に立って、多彩な活動に邁進されていることに心より敬意を表する。
少子高齢社会を迎え、長寿が当たり前となっている今、経済優先の現政権下では、国の社会保障制度は崩壊寸前となっている。企業が内部留保を増やす中、退職・高齢者を支える現役世代の収入は伸び悩み、上質な雇用が必要であることは明らかで、全世代にわたる閉塞感を失くしていくためにも、来年の参議院選挙結果が重要である。
日本退職者連合は、さまざまな課題解決に向けて、近畿ブロック退連をはじめ、全国の仲間と力をあわせていく。

 

連合近畿地方ブロック連絡会 代表幹事  山﨑  弦一(連合大阪 会長)

◆近畿二府四県の現役組織に対して、大所高所からご指導・ご支援いただいていることに、心より感謝申し上げる。

今総会では、議長団をお二人ともに女性が務められ、また、出席者にも女性が多くおられることに対し、退職者連合の皆様の取り組みに感心するとともに、現役組織の女性参画もよりいっそう進めていかねばならないと痛感している。
いま日本は、国内外でさまざまな問題を抱えているが、現政権下では好転は望めない。来年の参議院議員選挙では、野党の結集を実現させて戦っていきたい。諸先輩方のご支援とお力添えをお願いする。

 

 

◆福祉事業団体

近畿労働金庫 理事長  石村  龍治
全労済大阪推進本部  本部長   川﨑  正治

◆議 事

・第1号議案    2018年度活動経過報告(決算報告含む)、2018年度会計監査報告

・第2号議案    2019年度活動方針案(2019年度活動予算案 含む)

・第3号議案    2018年度近畿ブロックハイキングについて

・第4号議案    2019年度役員の選出について

◆総会宣言(案) 

◆旧役員退任のあいさつ

◆新役員の紹介とあいさつ

◆議長団降壇あいさつ

◆団結ガンバロウ三唱