• お知らせ
  • 組織

平和行動in沖縄(6/23 web公開開始)

2021平和行動in沖縄

「2021平和行動in沖縄」は、動画配信と視聴参加によるWEB開催としました。
 改めて、沖縄戦の実相を知り、戦争の悲惨さと平和の尊さを訴え、語り継ぐため、是非ご覧ください。

↓↓内容はこちらをクリック↓↓
👉2021平和行動in沖縄~👈

【内容】
神津里季生・連合会長挨拶
東盛政行・連合沖縄会長挨拶
玉城デニー・沖縄県知事挨拶
沖縄からの平和アピール
ピースフラッグリレー(連合沖縄から連合広島へ)
屋良朝博・衆議院議員講演「いまこそ考えたい 日本の役割
平和への覚悟 高次現実主義」
ピースフィールドワーク(連合沖縄青年委員会による沖縄戦の実相と戦跡、在日米軍基地に関する解説・紹介動画)

連合の「米軍基地問題に対する活動」に関する取り組みは、こちら

2021平和行動in広島(公開準備中)

「2021平和行動in広島」は、動画配信と視聴参加によるWEB開催としました。
(公開予定)日時 2021年8月5日(木)15:00以降

2021平和行動in長崎(公開準備中)

「2021平和行動in長崎」は、動画配信と視聴参加によるWEB開催としました。
(公開予定)日時 2021年8月8日(日)15:30以降

2021平和行動in根室(公開準備中)

「2021平和行動in根室」は、動画配信と視聴参加によるWEB開催としました。
(公開予定)日時 2021年9月10日(金)10:00以降

連合の平和4行動

 

平和行動 in 沖縄 第二次世界大戦末期、米軍との3ヵ月に及ぶ「鉄の暴風」とも称される激しい地上戦で約20万人の命が奪われました。特に沖縄出身の犠牲者は約12万2,000人、犠牲者全体の約65%にのぼりました。この悲劇を二度と繰り返さないため、6月23日の沖縄「慰霊の日」に平和の尊さを心に刻んでいます。
平和行動 in 広島 第二次世界大戦終結直前の1945年8月6日午前8時15分、米軍によって原子爆弾が広島に投下。約14万が亡くなり、今も多くの人が後遺症に苦しんでいます。人類史上初めて原子爆弾が投下された広島の地から世界に向けて、悲劇が二度と繰り返されないよう訴え続けています。
平和行動 in 長崎 広島に続き、1945年8月9日午前11時2分、米軍によって長崎にも原子爆弾が投下。約7万4,000人が亡くなり、約7万5,000人が重軽傷を負ったほか、今も多くの人が後遺症に苦しんでいます。長崎の地から世界に向けて、平和への祈りを込め、二度と核兵器が使われないよう訴え続けています。
平和行動 in 根室 北方四島は日本固有の領土ですが、第二次世界大戦終結直後、ソビエトが侵攻。約1万7,000人の日本人住民が故郷を追われました。それ以降、今日まで、ソビエトそしてロシアによる不法占拠が続いています。領土返還と日ロ平和条約の締結なくして真の平和はありません。