NEWS

女性委員会主催 2015男女共同参画研修会を開催

男女雇用機会均等法から制定から30年

今、あらためて 職場・家庭・地域の男女共同参画について考える

連合兵庫女性委員会2015男女共同参画研修会を開催!

◆連20150627danjyosankakukensyukai014合では、毎年6月を『男女平等月間』と位置づけ、男女がともに働きやすい職場、だれもが安心して働き続けることのできる職場の実現をめざして、さまざまな取り組みをすすめています。

◆連合兵庫女性委員会(委員長:釜口清江・兵教協)は、6月16日に兵庫労働局雇用均等室に対しておこなった「働く女性の活躍推進に関する要請」行動につづいて、6月27日(土)の午後1時30分より、神戸市の三宮センタープラザ西館の会議室で、女性委員会の役員を含む連合兵庫・地域協議会の男女組合員50名をあつめて、2015年度の「男女共同参画研修会」を開催しました。

◆今回の研修会は、今年で男女雇用機会均等法の制定から30年目を迎えるにあたり、均等法の成り立ちと返還を振り返り、働く女性を取り巻く環境の変化や現状について把握するとともに、すべての人が働きやすい職場づくりには何が必要なのかなどについて考える内容で企画しました。

◆研修会は2部形式でおこない、第1部で京都産業大学・経済学部教授の藤野敦子先生より、『日本の男女格差はなぜ解消されないのか? ~ 均等法制定30年を振り返って~』と題した基調講演を聴いたのち、第2部では、参加者たちが6つのグループに分かれてグループ・ディスカッションをおこない、基調講演の感想に加えて、それぞれの職場での男女の働き方の現状などについて、意見交換をしました。

◆つづく意見発表では、均等法施行により働きやすくなったという声がある一方で、女性の管理職の少なさや、女性・男性本人の仕事に対する考え方の違い、職務内容や待遇の男女差などについて意見が出され、理想の職場・社会の実現には、まだまだ課題が多いことが浮き彫りとなりました。

20150627danjyosankakukensyukai002

◆研修会は、滝本幹事:フード連合(キッコーマン労組)の司会・進行ですすめられ、まずはじめに、主催者を代表して釜口委員長:兵教協があいさつに立ち、本研修会の趣旨とともに、働く女性を取り巻く政府、行政等の法案や取り組み状況のほか、連合兵庫がすすめている第3次男女平等参画推進計画への協力などについて述べました。

 

 

 

主催者あいさつ

連合兵庫女性委員会委員長  釜口 清江(兵庫県教職員組合)20150627danjyosankakukensyukai006

◆本日はお忙しい中、女性委員会が主催しました男女共同参画研修会にご参加いただきありがとうございます。
 
連合では、職場における男女平等意識の共有化をはかるため、毎年6月を「男女平等月間」として位置づけ、運動をすすめてきました。連合兵庫としても、男女の組合員を対象とした「男女共同参画研修会」を開催してきております。

◆特に今年は、女性の働き方の改革に大きな意味をもつ「男女雇用機会均等法」の制定から30年という節目の年であるため、「男女雇用機会均等法施行から30年、あらためて職場・社会の男女共同参画を考える」を研修会のテーマとしました。講師の藤野先生のご講演をいただき、改めて今を見つめ直す機会をさせていただきたいと思います。

◆さて、男女雇用機会均等法については、この後の講演で藤野先生からお話がありますので、私は、現在審議のすすむ法案の一つについてお話しさせていただきます。
 
安倍政権は、女性の活躍推進を経済活性化のカギと位置づけ、政策を打ち出してきました。法案の正式名称は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案」といいます。また、この法案提出に先立ち、「すべての女性が輝く社会づくり本部」を立ち上げ、「すべての女性が輝く政策パッケージ」が取りまとめられてきました。

◆「輝く」「輝く」「活躍」とこう何度も言われると、思わず考えてしまいます。女性は、そんなにも輝いていないのでしょうか、活躍できていないのでしょうか。男性は、すべて輝いているのでしょうか。何をもって「輝く」のか、「活躍」というのでしょうか。
 
自殺者の7割は男性、特に過労死ではほとんどが男性です。政府の考えで言えば、女性よりも輝いているはずの男性が、どうしてそんなにも苦しんでいるのでしょう。一企業や個人の問題ではなく、今の日本の働き方・働かせ方に問題があるとしか思えません。にもかかわらず、労働者目線ではなく、経営者目線での政策がさらに推し進められようとしています。

◆先日衆議院で可決された「労働者派遣法」の改悪は、企業にとって“安くて使い勝手のよい”派遣労働を一層拡大させようとするものです。“生涯派遣で低賃金” の派遣労働者を拡大させ、雇用不安を増大させる内容です。依然として、派遣で働く女性は多く、男女間の賃金格差にもつながっていきます。その他にも労働者保護ルールの改悪がすすめられようとしています。
 
今、変えなければならないのは、女性の意識なのか、それとも国会議員の92%を占める男性リーダーの意識なのか、この法案を見ればわかります。
  育児や介護にかかわる女性が働きやすくなるために、休暇制度や短時間勤務制度を充実させることも大切です。しかし、男性と同じ働き方、長時間労働、家庭や自分を犠牲にした働き方をするためのものでは意味がありません。男性も育児や介護にかかわることのできる働き方、心を病むことがないような働き方が必要です。

20150627danjyosankakukensyukai020

兵庫県においては、男女が共に仕事と育児の両立ができる社会の形成を目指して制定された次世代育成支援対策推進法が10年間の延長になったことを受け、「第5次男女共同参画 兵庫県率先行動計画」が策定されました。
  その基本理念には、男女とも「仕事に」「家庭に」活躍する職場づくりが掲げられ、組織全体の意識改革と長時間労働の是正が必要と書かれています。県自らが、率先して行動していく内容がしっかりと明示されており、今後の具体的な推進に注目したいところです。

◆また連合兵庫としても、13年11月に「第3次男女平等参画推進計画」を策定しました。「ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)の実現と女性活躍の推進」、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」、「多様な仲間の結集と労働運動の活性化」の3つの目標をリンクさせながら、誰もがくらしやすい「男女平等参画社会」の実現をめざしています。
 
男女が平等・対等で人権が尊重されていること、誰もが社会の構成員として、さまざまな分野への参画の機会が保障されていること、その上でそれぞれが役割と責任を分かち合う社会をめざしています。

具体的な数値目標については、今年度、運動方針に男女平等参画推進と先ほどの「3つの目標」のとりくみを明記する組織が100%達成となっています。皆さんの組合では明記されているでしょうか。
 
2017年までに、女性役員を選出している組織、100%。そして、2020年までに役員・機関会議の女性参画率を30%となっています。女性の組合員の割合は組合によって異なりますが、それぞれの実態に合わせて、女性が意見を言う場に参画していきましょう。

◆女性を企業の幹部ポストに登用することにより、企業の業績が向上するという調査結果があります。女性役員がいない企業よりも、女性役員が複数いる企業のほうが、男性のみの企業よりも営業利益が56%高いとの結果がでている調査もあります。
 
女性も男性も働きやすい職場環境をつくるために、労働組合でも役割と責任をともに分担していきましょう。その人自身の能力や特性を見る前に、「男性だから」「女性だから」と区別されることがなくなるように。

私たち女性委員会は、連合兵庫、連合兵庫男女共同参画推進委員会と連携をとりながら、労働組合活動への女性の参画を一層すすめていきたいと思います。
  本日の研修での学びや気づきを生かし、男女がともに働きやすい職場づくり、男女平等社会の実現をめざし、ともにがんばりましょう。

 ◆つづいて、連合兵庫を代表して、連合兵庫男女共同参画推進委員会の篠原委員長(連合兵庫副会長:フード連合)が、あいさつに立ちました。

 連合兵庫代表あいさつ

男女共同参画推進委員会委員長  篠原 智彦(伊藤ハム労働組合)20150627danjyosankakukensyukai024

◆日頃より、女性委員会の皆様には、働く女性の立場から、女性の活躍推進にご尽力いただいておりますことと同時に、連合兵庫の男女共同参画推進課題に対しても、ご理解とご協力をいただいておりますことに感謝申し上げます。

◆6月は、連合の「男女平等月間」ということで、各地方連合会では、この間にこのような研修会や学習会の開催、男女平等推進に関する課題の抽出、行動計画の検討などがおこなわれています。この期間に、男女共同参画状況を振り返るとともに、皆様それぞれのお立場で、課題の共有や解決に向けた取り組みの点検などを、お願いしたいと思います。

◆「男女平等」というものの捉え方はさまざまあると思いますが、これまでは、男性の基準に女性があわせていくというものだったのではないでしょうか。
今後は、女性が無理をして男性にあわせていくということではなく、男性も女性も同じ権利をもち、同じ立場に立つということが必要です。

◆男女平等課題については、少しずつ成果が出てきつつありますが、ご参加の皆様には、これからも引き続き、各組織での取り組みを続けていただきますよう、お願い申し上げます。

◆つづいて、日頃より連携させていただいている民主党兵庫県連の男女共同参画委員会委員長の平木:神戸市議会議員より、連合兵庫、連合兵庫女性委員会への連帯のごあいさつをいただきました。

来賓あいさつ

民主党兵庫県連 男女共同参画委員会委員長20150627danjyosankakukensyukai031
神戸市議会議員 平木 ひろみ

◆連合兵庫女性委員会の皆様とは、学習会や意見交換会をつうじて、連携をとらせていただいております。
女性委員会の皆様もいろいろと考え取り組んでおられると思いますが、私たち議員も一緒に考えながら、政策に反映させていきたいと思っております。
本日の研修会ですが、私がこれまでに伺った男女共同参画研修会の中で、一番、男性の参加者が多く、さすが連合兵庫の研修会だなと、私自身もたいへんうれしく思っています。

◆本日の研修会のテーマは、均等法から30年ということですが、私がサラリーマンをしていた頃は、男女雇用機会均等法はありませんでした。私は、この法律をつくることが悲願であった時代に、女性として、男性と同じ仕事をするということがどういうことなのか、壁にぶつかりながら仕事をしてきた世代です。
今は、法律が出来て、その運用についてさまざまな課題も出てきているわけですが、18歳から選挙権が与えられることになることを受けて、政治や政策について、子どもたちが自ら考え、判断するということになり、自分の視点をもつための「学校教育」が非常に重要となってきます。

◆社会に出て働くということ、社会に参画していくということ、そして、自分の職場・組合でどう行動していくのかということに対して、自ら意識を持つことのできる若い世代をつくっていくために、連合の皆様方とともに、取り組みをすすめてまいります。

 
<研修会  第1部   基調講演>

 日本の男女格差はなぜ解消されないのか?
- 均等法制定30年を振り返って -

講師:京都産業大学 経済学部  教授  藤野  敦子先生

20150627danjyosankakukensyukai046


<研修会  第2部  グループ・ディスカッション、意見発表、講師コメントなど>
 

◆主な意見交換   ①藤野先生の基調講演を受けて
                         ②あなたの職場での男女の働き方や待遇等について
                         ③家庭生活、地域活動等で、男女のかかわり方や意識の違いについて

20150627danjyosankakukensyukai064 20150627danjyosankakukensyukai066 20150627danjyosankakukensyukai069
20150627danjyosankakukensyukai074  20150627danjyosankakukensyukai079jpg 20150627danjyosankakukensyukai081


◆意見発表から    藤野先生への質問、先生のコメント20150627danjyosankakukensyukai036

(質問) 均等法等の法改正についての経営者の意識はどうなっているのか

(応答) 均等法や育児・介護休業法などは何度も改正してきているが、その改正内容を知らない経営者は多く、職場に改正内容が反映されていないこともある。
労働者自らが知っておくことも重要で、法改正や国の政策等の情報に、常にアンテナを張っておくべき。

(質問) 「103万円の壁」があって、それ以上に働きたくない女性もいるのでは

(応答) 配偶者控除や103万円の壁、130万円壁など、男性(夫)の収入にあわせて女性が働くことに制限がついていることが問題で、本当にその人が短く働きたいと思っているとは限らず、制度にあわせて働き方を制限せざるを得ない場合もあるのではないか。
 個人個人が、自らの意志で働き方を選択できるようになることが重要。

(質問) 長時間労働について

(応答) 長時間労働に対して日本の企業の場合は、金銭(手当)で報いるということが多いが、ヨーロッパなどでは、  金銭ではなく、「時間」を付与するという方法もあり、労働者自身がどちらかを選択できるという制度がある。
労働者が個人個人のライフステージの中で、自分が求めるものが「お金」なのか「時間」なのかということを、自由に選択できるようにならないと、ワーク・ライフ・バランスは実現しない。

 ◆研修会を締めくくるにあたって、安樂事務局長:UAゼンセンが研修会のまとめと閉会あいさつをおこない、全日程を終えました。

 閉会あいさつ

連合兵庫20150627danjyosankakukensyukai116女性委員会事務局長
安樂 雅枝(UAゼンセン兵庫県支部)

◆ご参加の皆様、たいへんお疲れ様でした。
   研修会の第1部では、労働経済学の視点から、藤野先生に「男女機会均等法制定から30年、なぜ男女格差はなくならないのか」ということについて講演をいただきました。私自身は、均等法ができる前から働いておりました。均等法が出来たのは20代の頃でしたから、法律ができたことも知りませんでした。
  先生のお話をお聴きして、やはり知っておくことは大事なのだなと痛感し、あの時、均等法のことを知っていたら、もっと違った働き方ができたのではないかと、私自身が働いてきた30年も振り返ることができました。

◆先生のお話の中で、「なぜ女性は差別されてしまうのか」というところで感じたことは、これは差別問題全般にいえることですが、差別する側、される側双方に問題があるということです。
使用者側の男女間の賃金格差や、女性のおかれた労働環境への意識が低いことに対して、、女性側も、女性の立場から格差を生んでいる根拠について指摘していくことも必要であり、今後の取り組みに活かしていきたいと思います。

◆また、日本の男女格差是正のためには、主には、使用者側の差別意識によって男女差別はおこっている可能性があるので、均等法のような法の強制力によって、男女平等を実現させていくことが重要あるとのことで、法律の策定・改正にむけた積極的な働きかけなど、私たち労働組合が声をあげていくことが必要です。

◆第2部のグループ・ディスカッションでは、それぞれのグループで活発な意見交換をしていただきました。各グループからは、労働条件をはじめ、さまざまな職場での悩みなどが発表されましたが、藤野先生のコメントを受けて、私たちがこれから何をするべきかということが、明確になったのではないかと思います。

◆本日の研修会をつうじて、感じたこと、発見したことなどに加えて、男女格差の現状について共有できたことを職場に持ち帰っていただき、すべての人が輝けるように、活動の輪を広げていって下さい。