• 活動内容

女性委員会が2014「女性セミナー」を開催

災害と女性  阪神・淡路大震災から20年

災害時・防災に女性の視点を!

女性委員会2014「女性セミナー」を開催???????????????????????????????????????????????????????????????

◆連合兵庫女性委員会は、例年10月に、兵庫県内の各自治体を訪問し、地域の男女共同参画施策等について意見交換をおこなう「女性セミナー」を開催してきました。
13回目を迎える今回は、あの阪神・淡路大震災より来年で20年目をむかえるにあたり、テーマを『災害と女性』とし、あらためてあの震災を振り返り、その後におこった国内外の様々な災害での被災者支援のあり方などについて、女性の視点から考えるセミナーを企画しました。

◆10月18日(土)の10:30から始まったセミナーには、神戸市灘区のシマブン第5ビルの会議室を会場に、連合兵庫女性委員会役員をはじめ、各構成組織・地域協議会の女性組合員など34名が出席。
セミナーは2部形式でおこない、午前の第1部では、NPO法人女性と子ども支援センター ウィメンズネット・こうべ代表理事の正井礼子さんを講師にむかえ、『災害と女性  阪神・淡路大震災の経験は活かされたのか?』と題した講演に熱心に耳を傾けたのち、昼食をはさみ、午後の第2部では、HAT神戸にある『人と防災未来センター』を見学しました。

◆今回のセミナー開催にあたっては、セミナー会場等について、基幹労連兵庫県本部・神戸製鋼所労働組合・神戸製鋼所労働組合神戸支部様にご協力をいただきました。この場を借りて御礼申し上げます。

(セミナーの詳細については、近日中にこのHP上に掲載致します)