NEWS

青年委員会2015春季学習会

『戦後70年』学んで考え伝えよう!

~あなたの想いが連合平和行動につながる~

青年委員会2015春季学習会ひらく

20150516syunki001◆連合兵庫青年委員会が、5月16日(土)、兵庫県中央労働センター小ホールで「青年委員会2015春季学習会」をひらきました。

◆学習会には青年委員会役員を含め62名が参加し、「私の戦争体験」と題して語り部の橋尾信子さん、浅田ひでこさんより当時の神戸空襲での体験談・紙芝居をいただき、参加者全員で認識をふかめました。

◆山取:教育・イベント委員会副代表(自動車総連)の司会で幕をあけ、学習会の趣旨やスケジュール等の説明をした後、主催者を代表して福岡:青年委員会委員長(基幹労連)があいさつにたちました。

◆つづいて、辻芳治:連合兵庫会長、来賓挨拶として水岡俊一:民主党県連代表 参議院議員よりあいさつをいただきました。

 

主催者あいさつ

連合兵庫青年委員会

委員長 福岡 琢也

◆春季学習会を開催するにあた20150516syunki002りまして、青年委員会を代表しまして一言ご挨拶を申し上げます。

◆まずは先般、第18回の統一地方選挙が実施をされました。ご参集の皆様におかれましても各産別、単組におきまして少なからずご対応を頂いたと言うふうに思っております。その結果ですね、連合兵庫推薦または支持の候補者49名の当選を果たすことができました。これも皆様のご協力の賜物と思っております。ありがとうございました。

◆さて本日は春季学習会と言うことで、戦後70年という節目の年でもあるため戦争をまた見直そう、改めてそれについて考え直そうと言うようなことをテーマで本日は企画をしております。その中で戦後70年経ったというところで実際に体験した方が非常に少なくなってきております。本日は語り部で実体験をされた橋尾さんとその内容を紙芝居で作成し語り部としても活動されている浅田さんをお招きしましてお話をして頂きます。

◆連合兵庫青年委員会のいくつかある方針の一つで『きづきを大切にして新たな自分を発見していく』と言う内容がございます。本日の学習会はその『きづき』ということも改めて見直して頂けたらと思いますので、今日一日を有意義な一日になるように皆様にもご協力をお願いしたいと思います。

連合兵庫あいさつ
辻 芳治:連合兵庫会長
来賓挨拶
水岡 俊一:民主党県連代表
 20150516syunki003  20150516syunki004

<第1部>

連合平和行動について
辰巳:連合兵庫副事務局長
2014連合平和行動報告
岩田:青年委員会副委員長
 20150516syunki005  20150516syunki006

<第2部>

「私の戦争体験」紙芝居・当時の体験談

語り部  橋尾 信子さん・浅田ひでこさん

◆神戸市須磨区出身20150516syunki007橋尾信子さん(83)現在 加西市在住(2014年5月現在)自身や同級生の学童疎開の体験を基に紙芝居を作り、大阪市中央区のピースおおさかで定期上演している。食糧事情の悪化や家族の戦死など過酷な体験を描き、神戸で空襲に遭ったことを題材にした新作を4月に完成させた。学童疎開の実施から70年。「戦争で子どもが、つらく悲しい思いをしたことを知ってほしい」と話す。

◆橋尾さんは東須磨国民学校(現東須磨小)6年だった1944年8月~45年3月、たつの市に集団疎開した。

◆紙芝居は、橋尾さんが友人4人とともに同級生約20人を取材し、96年に実話を基に出版した創作童話「青い風はいつ 学童疎開の八カ月」が原作。大阪府泉南市の紙芝居作家、あさだひでこさん(71)と、橋尾さんの次女でイラストレーターの歌子さん(46)が絵を担当した。主人公の「律子」が、食糧不足でイナゴを食べたことや、食べ物の不満を母への手紙に書いて先生に「ぜいたくは敵です」と怒られたこと、神戸に帰ろうと脱走した子がいたことなどを描写。面会に来た母に父の戦死を告げられ泣く場面もある。

◆3作目となる新作「集団疎20150516syunki008開から帰って」は45年3月に神戸に戻り、空襲に遭ったことを取り上げた。橋尾さんの体験を基に、火の海を逃げ惑い、同級生らが亡くなったことを生々しく描いている。

【学童疎開】 空襲に備え、都市部の児童を地方で生活させた政策。学校単位で行われた「集団疎開」と、個人の親戚を頼る「縁故疎開」があった。集団疎開は1944年8月から東京や神戸、尼崎などで第1陣が出発。疎開した児童は全国で40万人を超え、県内でも約2万6千人を数える。   2014年5月31日 神戸新聞記事

<第3部>

「グループ討議」

◆自己紹介・班長を決め20150516syunki009

◆「平和行動に対して知りたいこと、学びたいこと、伝えたいこと」

用紙にまとめる

◆「平和行動の要望集約」

各自で折鶴・短冊を作成

「グループ発表」

各班班長よりグループ討議でまとめた内容を発表いただく

「連合平和行動につなげる」兵庫から沖縄へ!

各班で作成いただいた折鶴・短冊を箱に入れ、班長から辰巳:連合兵庫副事務局長へ渡す

グループ発表
兵庫から沖縄へ!
20150516syunki010 20150516syunki011

◆学習会最後に、仲間:青年委員会副委員長(電機連合)から閉会のあいさつをのべ、学習会の幕を閉じました。

閉会あいさつ
仲間:青年委員会副委員長 
折鶴168羽・短冊44枚
☆平和4行動につなげます!!
20150516syunki014 20150516syunki015