• 活動内容

2016年 年頭のごあいさつ

 

《2016年 新年のご挨拶》

連合兵庫会長   辻  芳治

新年を迎え謹んでご20140101aisatu挨拶を申し上げますとともに、旧年中に賜りました連合兵庫の諸活動に対するご指導・ご支援に心より御礼申し上げます。

 さて、迎えた2016年は、さまざまな意味で正念場の一年と言えます。まずは、「底上げ・底支え」「格差是正」を従前以上に前面に掲げた2016春季生活闘争です。持続可能な社会の基盤は一人ひとりの「明日への希望」です。労働組合の要求と労使の真摯な交渉を通じて、「従来の発想やパターンにとらわれない」「より主体的」な取り組みで、付加価値の公正な分配、雇用形態・企業規模・男女間の格差是正に全力を挙げなくてはなりません。同時に、人口減少社会や産業構造が変化する中で、いかにディーセントな働き方(働き甲斐のある人間らしい仕事)や公正な処遇を実現すべきか。労使で協議を深めるとともに、あらゆる場を活用した社会対話など、今後につなげる社会的運動の起点の年としていくことも大切です。

 「40万連合兵庫」に向けた一層の取り組み強化も必要です。仲間を増やす不断の努力なくして、雇用や労働条件を守り、政策・制度要求を実現する力は保てません。組織拡大は労働運動の生命線であるとの危機感を改めて共有し、非正規雇用や中小企業で働く仲間をはじめ、サプライチェーン全体の組織化、未加盟組合の迎え入れに向けて、引き続き、総がかり体制で取り組みます。

 政治の反転攻勢への足がかりをつくるうえでも重要な一年です。現政権は、 「一強多弱」のもとで、立憲主義や民主主義の基本に対し極めて傲慢な姿勢をとり続け、労働者保護ルール改悪をはじめ、働く者を経済成長の手段としか見ない政策を推し進めており、働く者や生活者の声に向き合わない「上から目線」の政治と言わねばなりません。今こそ、本来の民主主義、生活者・働く者の厳しい現実に焦点を当てた政治を、私たちの手に取り戻すべき時です。

 そのための明確な対抗軸を組織内外に広く訴えるため、新たにスタートした 「クラシノソコアゲ応援団!2016RENGOキャンペーン」への積極的な参画と、職場・地域での展開に格段のご協力をお願いするものです。その上で、一強状態を打ち破り、政権交代可能な二大政党的体制のもとで緊張感ある政治を実現するため、来たる参議院選挙においては、兵庫選挙区「みずおか俊一」候補と組織内比例候補12名の完全勝利に向けて、職場や地域での理解と支援の輪を広げる取り組みに全力を挙げようではありませんか。

 いずれの課題も、私たち一人ひとりの行動が問われる一年です。厳しいときにおいてこそ行動の真価が問われます。「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けて、連合運動が持つ価値に対する幅広い理解と共感の輪を広げるべく、それぞれの立場で強く発信・行動していきましょう!

 本年も連合兵庫に対する一層のご支援をお願いするとともに、皆様の益々のご健勝・ご活躍、そしてこの一年が幸多き年となることを祈念致します。

unioni85