• 活動内容

第87回兵庫県メーデー神戸中央大会を開催

「働く人が報われる社会をつくろう」「一人ひとりが主役の社会」をつくろう!

第87回兵庫県メーデー神戸中央大会に働く仲間が結集

≪ 全国統一メインスローガン ≫

支え合い 助け合う 心を一つに力を合わせ、暮らしの底上げを実現しよう!

015_1IMG_5582_1

◆4月29日(金・祝日)午前10時より、第87回兵庫県メーデー神戸中央大会(実行委員会:連合兵庫、連合神戸地域協議会、兵庫県労働者福祉協議会、神戸労働者福祉協議会)を神戸市大倉山公園野球場で開催し,会場には、神戸地域の連合組合員を中心に約8000人が集結した。

IMG_5551_1_1 IMG_5532_1_1

◆式典では、メーデー実行委員会事務局長:吉川 芳夫(連合兵庫IMG_5555_1sikai_1副会長・私鉄総連(写真:右))が司会・進行を務め、開会にあたりメーデー実行委員長 辻 芳治(連合兵庫会長(写真:下))より、あいさつを述べた。

◆はじめに4月14日以降、一連の熊本地震で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りして、参加者全員で黙祷を捧げた。

◆参加者へは、今回の大震災に際しメーデースローガン『支け合い、助け合う、心を一つに力を合わせ、暮らしの底上げを実現しよう!』にも盛り込まれた、労働運動の原点である、支え合い、助け合うの姿を再現するとともに、阪神淡路大震災の経験や教訓、ノウハウを活かし、阪神淡路大地震の際に全国から受けた支援に対する恩返しの思いも込め、本会場でのカンパ金や、今後のボランティア活動など、できる限りの取り組みに対して格段のご協力をお願いした。

IMG_5575_1_1◆2016春闘では、『持続性、月例賃金へのこだわり、広がり、底上げ』の4つのキーワードを掲げた、底上げ春闘と位置付けた取り組みについてや、連合兵庫で初の取り組みの、地域の中小企業の活性化が不可欠、をスローガンに掲げた『連合兵庫・2016地域フォーラムin兵庫』開催に際しての協力について、最後は、政治課題、現政権の暴走も含て、政治状況に対する強い危機感から連合が全国の仲間と連帯して新たに取り組んでいる『クラシノソコアゲ応援団』のキャンペーン活動について述べ、理解と協力をお願いした。

 

◆御来賓からは、兵庫県より井戸 敏三(兵庫県知事)、神戸市より久元 喜造(神戸市長)、政党団体を代表して民進党兵庫県総支部連合会代表 水岡 俊一参議院議員よりあいさつを頂いた。

IMG_5595_1_1

井戸 敏三(兵庫県知事)

IMG_5612_1_1

久元 喜造(神戸市長)

IMG_5622_1_1

水岡 俊一(参議院議員)

◆その他にも会場には、お忙しいなか兵庫県より片山 安孝 産業労働部長、竹村 正樹 産業労働部政策労働局長、水埜 浩 神戸県民センター長、神戸市からは、岸田 泰幸 市民参画推進局長、谷 真行 市民参画推進局市民生活部長、政党団体より社民党兵庫県連合代表 梶川 美佐男代表、事業団体より、近畿労働金庫兵庫地区統括本部から、本多 義弘 本部長、全労済近畿兵庫県本部から、酒井 行雄 本部長、友誼団体より兵庫退職者連合 高原 澄夫 会長、部落解放同盟兵庫県連合会 坂本 三郎 委員長にご臨席を頂き。また、県会、市会より多数の各級議員の方にもご臨席を頂いた。

◆メーデー宣言(案)は、副実行委員長である兵庫県労福 河口会長より提案を頂き、特別決議としては「暮らしの底上げ実現に向けた特別決議(案)を副実行委員長である連合神戸地協 筒井議長よ提案を頂き、参加した会場全員の拍手で確認した。

IMG_5632_1_1

兵庫県労福 河口 会長

2016メーデー宣言(案)

             IMG_5636_1_1

連合神戸地協 筒井 議長

暮らしの底上げ実現に向けた特別決議(案)

◆メーデー会場では、昨年に引き続き、メーデー運営委員(連合兵庫国民運動・ボランティア委員会委員、青年委員会、女性委員会ほか)が、4月14日以降、熊本県益城町で起きた震度7を超える地震、九州大震災への救援募金活動をおこない、式典参加たちに協力を求めました。

IMG_5530_1_1 IMG_5534_1_1 IMG_5538_1_1

◆メーデー式典終了後に、大倉山公園野球場から2コースに分かれて、約2Kmの道のりをデモ行進し、メインスローガン「支え合い 助け合う 心を一つに力を合わせ、暮らしの底上げを実現しよう!」を掲げた、横断幕、プラカードを持ち、住民や通行人にアピールを行った。

 

IMG_5646_1

IMG_5648_1

???????????????????????????????

 

IMG_5652_1IMG_5653_1IMG_5680_1