• 活動内容

労働者自主福祉シンポジウムを開催

~ 連帯・協同でつくる安心・共生の福祉社会にむけて ~

労働者自主福祉シンポジウムを開催

◆近畿労働金庫労働組合と全労済労働組合中日本総支部主催の「労働者自主福祉シンポジウム」が、7月5日(土)の13:00から兵庫県中央労働センターで開催され、全労金・全労済・労福協の関係者をはじめ労働組合役員等、約250名が出席しました。

◆シンポジウムでは、基調講演につづくパネルディスカッションに連合兵庫の辻 会長がパネラーとして登壇し、「連合兵庫の運動方針にも掲げている勤労者や市民の暮らしサポートと共助拡大のために、労働福祉団体(労金・全労済・労福協)との連携を強化し、労働者のための福祉事業の取り組みをすすめていきたい」と述べました。

労働者自主福祉シンポジウム  次第

主  催:近畿労働金庫労働組合、全労済労働組合中日本総支部
協  賛:兵庫県労働者福祉協議会
協  力:連合兵庫、近畿労働金庫兵庫地区統括本部、全労済兵庫県本部


◆主催者あいさつ 
  近畿労働金庫労働組合  執行委員長  森下  省吾

◆基調講演  「連帯・協同でつくる安心・共生の福祉社会にむけて」
     講師:中央労働者福祉協議会 事務局長  大塚  敏夫

◆パネルディスカッション
   テーマ 「労働者自主福祉運動の現状と課題」

   ・コーディネーター:上田  隆之介(近畿労働金庫労働組合 副執行委員長)
   ・パネラー:辻   芳治(連合兵庫 会長)
                :河口   勲(兵庫県労働者福祉協議会 会長)
                :若山 忠義(近畿労働金庫 副理事長)
                :酒井 行雄(全労済兵庫県本部 本部長)

???????????????????????????????

◆まとめ   全労済労働組合中日本総支部兵庫支部 支部長  長川  康隆