受信NEWS

クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーン『36協定周知街頭行動』を実施

地域から、職場から、みんなで、自分たちの命を守るべく、 「長時間労働を是正しよう」

クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーン

『36協定周知街頭行動』を実施

◆連合は、安心して働くルールをつくるため、全国でキャンペーンを展開しています。過労死・過労自殺ゼロはもとより、全ての働く者の命と健康を守り健やかに働き続けられる社会の実現に向けてた取り組みを行っており、全国の職場・地域においては、36協定の適正化などを中心とした長時間労働是正の運動を構成組織・地方連合会と一体となって実施しています。

 

◆神戸地域協議会は、98()18:001845に、西区・学園都市駅前にて、クラシノソコアゲ応援団!RENGOキャンペーンと『連合の日』を併せ36協定周知の街頭行動を実施しました。街頭行動では、神戸地域協議会 野口 事務局長が、司会・進行を務め、街宣アピールを、神戸地域協議会から田尻 議長、神戸市議会議員より、岩田 嘉晃 議員(西区)、川内 清尚 議員(垂水区)、藤原 武光 議員(垂水区)が、労働基準法36協定の周知・適正化についてと、『過労死・過労自殺』などの問題を踏まえ長時間労働の是正について、街頭を歩く多くの方に訴え、街頭では、神戸地域協議会の役員と加盟組合員が、プラカードやティッシュ配布などで理解と協力を求ました。